【コラム】今だから話せる韓デリにいたキタのコの話 ~映画「トゥルーノース」観てきました~

先日、池袋に遊びに行きついでに、映画「トゥルーノース」を観てきました。

監督は、在日コリア4世の横浜在住日本人。

クラファンで製作された映画のようです。

このポスターは北朝鮮の国旗を横にしたイメージなんだそうです。

トゥルーノース=True North

というタイトルをみて、「真実の北朝鮮」という意味だと思っていましたが、もう1つ意味があるようです。

英語で「真の北」=「真に重要な目標」と訳されるようで、「生きる意味」ということだそうです。

そう考えて観ると、とても感慨深い映画であります。

映画は、アメリカのプレゼン番組「TED」からスタートします。

そこで、北朝鮮出身の青年が、北の収容所ですごした地獄のような生活を告白してゆきます。

観てよかったので、皆さんもぜひ観に行ってみてください^^

ただ、ワタシ的にとっても残念だったこと2つ。

① 北朝鮮語(方言)であってほしかった

「キレヨ?イルオプソ!(そう?大丈夫!)」

これは初っ端に出鼻をくじかれました。「愛の不時着」では、韓国の言葉と北朝鮮の言葉の違いがとても面白くて、すごく良かったのですが、この映画は「英語」でしゃべって「日本語」の字幕です。

なんで、英語???

まったくリアリティがなく、最初慣れるまで違和感ありありでした。

ここはせめて、北朝鮮語の吹き替え&日本語字幕版を、ぜひとも作ってほしいです!

② 強制収容所から脱出してからも壮絶なドラマがあったはず

この映画では、強制収容所から脱出してすぐにエンディングですが、実際には中国へ脱北(人身売買とか)して韓国へ入るという壮絶な実情があったはずです。

たぶん、あまりにも酷すぎて、そのことを語る脱北者もあまりいないのだと思いますが、本当はそこがとんでもないということを、少しでも触れてほしかった。。。

そのあたり、「トゥルーノース2」を作って、ぜひ明かしてほしいです!

映画の内容はネタバレになるのでこれ以上は話しませんが、この2点を除いては、とても良かったので、ぜひ皆さんも観てみてください^^

池袋HUMAXで今やっています。


映画とは関係ないですが、私が5、6年前、初めて北朝鮮の女の子の告白を見たのは、パク・ヨンミという脱北女性でした。

北朝鮮では英語教育をまったくされないので、

美人で英語ペラペラで、本当に北朝鮮人???と驚いたのを記憶してます。

この本も買って読みました。

かなり前に観た動画、まだありました!涙なしでは観られません。 ↓ ※要ハンカチ

最近のパク・ヨンミ。

関連動画をみると、それ以前にも北朝鮮から脱北した人がプレゼンしていたんですね。

そして、最近のパク・ヨンミ。

Youtubeチャンネルで、北朝鮮をディスりまくってます。ショック。

整形しまくって、そっち?みたいな、思わず目を疑うビジュアルに・・・。

ワタシは、すっぴんのヨンミちゃんが好き^^


今だから少し話せますが、韓デリにもたくさんのキタのコがいました。

キタのコと言っても、北朝鮮から直接日本にやってくるわけではなく、脱北して韓国で生活しているキタのコです。

多くは中国経由で脱北してきますが、壮絶な経験をして運よく韓国に辿り着くことができた一部の北朝鮮人ということになります。

とある韓デリ嬢が号泣しながら話してくれたのですが、中国に脱北するということは、中国人に身売りされるのだそうです。そこで奴隷のような生活をした後、韓国に逃亡するのだそうです。

日本人からしたら、キタのコかソウルなのか、釜山なのか、京畿道なのか、なかなか見分けがつかないと思います。韓国人は韓国語の訛りで分かるみたいですが。

私が学んだ、キタのコとソウル産・釜山産の見分け方は、こんな感じです。

キタのコ ⇔ ソウル産・釜山産

おとなしい(※最初だけ笑) ⇔ コミュニケーション力高い

身長が低い(華奢) ⇔ 高身長

サービスが献身的・濃厚 ⇔ サービスはライト(常識的なわがまま)

指入れなどNGを知らない(初来日時のみ) ⇔ 指入れ絶対NG

英語が話せない ⇔ ある程度の英単語は知っている〜英語堪能

ディズニーランドを知らない ⇔ ディズニーランドを知っている

ぎりぎりキティちゃん知ってる程度 ⇔ キティちゃんとかキャラ好き

日本人に人気 ⇔ キタのコに予約殺到することに嫉妬する嬢も

韓国語がちょっと違う(訛りがある) ⇔ アラッソ⤴(ソウル)、パンムンナ(釜山)

幼少期の栄養状態がよくないからかでしょうか、身長は高くないです。

そして、簡単な英単語、外来語すら分かりません。

「ディズニーランド?ミッキー?」

何度か、キタのコをディズニーランドに連れて行ったことがあるんですが、キタのコは「ふ~ん」って感じで、楽しんではいましたが、そこらの遊園地と同じくらいのミドル・テンションでしたね^^;

あと、キタのコに対して、差別的な意識をもっている一部の韓国人はいます。なので、お店ごとにキタのコが多いお店と韓国人が多いお店に、自然と分かれていってましたね。

韓国では、キタの女の子は、密かに韓国男性に人気があり、北と南のカップルも珍しくありません。キタの子ばかりが出演する、TVバラエティ番組もありました^^

初来日のときは、ちょっとおとなしくて無口。プレイに入ると一転、超絶濃厚プレイをなんなくやってのけるので、おのずと人気嬢が多かったです。

ただ、韓国で生活して、お金が潤沢になると、ヤガチ(ヤンキー)になってグレる嬢が多かったです(笑)

「え~~???あの嬢が、そんな不良に?」

と驚いたことは1回や2回ではないです(笑)

まあ、そういう北朝鮮から脱北してきて、韓国でも差別的な目線も感じて生活してきたことを想像すると、なんか、守ってあげたくなる(きしょっ)ではないですが、そういう気持ちになりますよね。

当時、「UGSはキタのコが好きだからね~」と揶揄されていることも知ってまいした(笑)

でも、ちょっと常識の違いを感じることもありましたが、純粋な心を持ったコが多くて、

キタのコも大好きでした^^

どの女の子がキタのコというのはだいたい分かっていましたが、一度も女の子本人に「キタ?」とは聞く勇気はありませんでした^^;

自宅でエロ動画

カリビアンコム AD

シェアする

コメント

  1. ラッキーストライク さん 2021/7/12 23:23 返信

    UGSさんの後追していたので、キタのコと出会っていたかもですね!
    万景峰号で修学旅行に行った長年親しい友人もいますが、韓デリの娘は整形しているので私には見分けがつきませんでした。
    在日の焼肉屋さんの親父さんが南と北は少し人種が違うんだよ!なんて言っていましたが本当でしょうか?

    南出身でも勉強出来ない英語喋れない娘もいましたが、UGSさんのこのコラムを読んでなんとなく分かった気がします。
    静かでおとなしくて、韓国の娘によくある図々しさがなく謙遜する事が多く、外に連れていってもはしゃがない。プレイが濃厚で受の忍耐が非常にあり。
    南の娘が家族親兄弟姉妹の写真や住んでいる家からペットの写真を何度も見せてくれたり、さらに仲良くなると兵役除隊した弟とディズニーランドに行く事になったり、旅行で来た実姉と食事を共にする事態になるまで境界線がなくなるのに、もしかのキタのコは家族の話、韓国での暮らしの話をあまりしない。
    驚くのはほんのささいな気遣いに対して涙して感謝されたり。
    頓珍漢でハズレているかもしれませんが。。。。

    赤阪の韓国クラブに行った時、その店のホステスのほとんどが北出身の元脱北者らしく、そこに居合わせた韓国人男性らは男尊女卑を飛び越え見下している雰囲気が、北京の中国・少数民族料理レストランで同席していた中央の幹部の息子が少数民族の衣装を着た若い娘達を小馬鹿にしていたのと同じでした。
    中国の軍関係者が言っていましたが、中朝国境で連れ返されている姿を見ていて本当に可哀想だと。
    実態知らないのでトゥルーノース観てみようと思います。

    • UGS さん 2021/7/13 11:46 返信

      ラッキーストライクさん

      一般公開されている映画だけあって、割と表面的な内容ではありますが、北朝鮮のことを知る入り口としては興味深い映画だと思います^^
      パク・ヨンミの動画も記事中に追加しておきましたので、そちらもぜひご覧ください。

    • UGS さん 2021/7/26 13:33 返信

      ラッキーストライクさん

      明日7/27、衆議院議員会館で「トゥルーノース」の無料の試写会をやるみたいです。
      なにか言われたら「守る会」ですと言えば大丈夫みたいです。
      https://hrnk.net/true-northshisyakai/

      7/末から千葉キネマ旬報シアターでは上映されるようです。

  2. さん 2021/7/31 3:02 返信

    UGSさん大変ご無沙汰ですw
    そう言えば濃厚ハードプレイで有名なあの嬢もキタでした。
    身の上話聞いちゃうと変に肩入れしちゃいそうでしたが

    • UGS さん 2021/8/01 1:15 返信

      朧さん

      お久しぶりです^^
      韓デリが完全にストップしているので、静まりかえってますね^^;
      濃厚ハードプレイで有名・・・と言えばほぼ9割がたキタのコでしょうね。
      思い返せば、なんとなく心にとまる嬢が多かったです。

大人のデリヘルコミュニティ
カンデリ生写真館