【赤い玉さんレポ】CHANNELのだいあ ~必殺手コキローション攻め!あれは気持ち良すぎ。反則ですよね・・・~

「ねぇねぇ、この写真はどこで撮ったの?」

(HPの中の2枚目の写真<Yシャツを着て両足を開いたヤツ>を指差して)

「ア、コレハホテルデス」(どこのホテルだかは分らないらしい)

「ねぇ、いまさぁ、またこのポーズとってくれない?」

「エ?イマココデデスカ?」(困惑の表情なれど瞳には困惑の色は無い)

「Yシャツはオレのを貸すからさぁ」

「ウ~ン、ドウシヨウカ・・・」

「さ、立って!」

・・・と言いながらどんどん服を脱ぎ始めると、

嬢も仕方ないなぁ~という表情で服を脱ぎ始める・・・

いやぁ・・・想像以上に素晴らしいボディラインではないですか!

そして私のYシャツを羽織ってソファの椅子の上で両足を開き、

あの写真のようにYシャツのスソでマムコ部分を隠すポーズを取ってもらう・・・

ややや!写真より色っぽい!(^^)

こちらもカメラマン気取りで上から目線で見ているものの、

そのあまりの色っぽさに身体の一部に変化が・・・

何しろスッポンポンなもんで隠しようがない(笑)

 

彼女、それに気がついて手を伸ばして触りに来たので、

好きなように触らせてやる・・・

亀の頭を5本指で摘んでクリリンクリリンを左右に回し始める・・・

強くなく弱くなく・・・うまい!気持ちいい!

さらに私のティンコを自分に引き寄せて

カポッ!ズリュズリュズリュズリュ・・・

き、気持ちいい!

こちらも負けじと両手を伸ばして形の良いオッパイを包み込むように揉み始める・・・

天然でこれほど形良く育つものなのか(笑)・・・

しかし土台のようなものは感じられないので恐らく天然なのであろう・・・

やわらかく、やわらかく、揉む、揉む、揉む・・・

ここでティクビが少し勃ち始め、鼻息も少し荒くなってきはじめたので、

今度はこちらが攻める番・・・

 

アゴ先を軽くつまんで上向きにし、軽~くキスを・・・

と思ったら突然に長~い舌が飛び込んできた!

もう舌の追いかけっこ・・・

私が中腰で辛くなってきたので、そのまま舌を下へ這わせてオッパイ、

さらにそのままマムコ方面に下げて行くと・・・

もうマムコ周辺は湿り気を帯びてきており、

何とも言えない芳香を放っている・・・

と見ると!何と!

私のYシャツがマムコの形のとおりに濡れているぢゃあ~りませんか!(爆)

 

さりげなく脱がせようと思い、彼女を立たせ、その背中の方に手を伸ばしたとき、

突然ガシッと抱きつかれてベッドの上に押し倒される・・・

「あ、シャワうぷっ」

シャワーに入ればYシャツは脱いでくれると思ったものの、

言いかけた瞬間に舌がネジ込まれ、両手をロックされ、

もう口からどこから舐める・・・舐める・・・舐める・・・

そしてティンコ方面に向ったと思うや素早く69体勢になり、

「ナメテ!」と一声・・・

舐める前にジックリ観察するんぢゃい!(爆)

 

ちょいと沈着しているが手入れの行き届いたマムコを

スジに沿って柔らかく上下動・・・

そしてゆっくりと開くと・・・

クリが強く押してとばかりに叫んでいる(ように思えた)ので舌でグリグリ回すと、

ここで「ア、ア、ア、ア~ッ」と悩ましい声が・・・

そしてそのまま人差指をマムコの入口にあてがい、

徐々に2~3ミリずつの侵入を開始すると

「ふ~っ、ぶ~っ、ふ~っ」

と何とも言えない呻き声が・・・

そして私の人差指を締める、締める、締める・・・

 

そして指マン開始・・・

すぐにビクビクビクっと痙攣が走ったので

イッたな・・・と・・・

しかし向こうも運動を止めようとはしない、さすがプロだ!

やがてマムコはティンコの方に移動して深々と咥え込む・・・

あったけぇ~(^^)

 

そのままスコスコし始めるも何か視線を感じるなぁと思ったら

向こうから結合部を通して私の顔を見ている(笑)

そして身体を起こしてM字開脚でピストンアップ・・・

後に手を伸ばしてきたので掴んで支えていたら、

急に顔だけ振り返ったので見ると顔はイキ顔になってる・・・

しかし声は出さない・・・えらい!あんたプロだ!(笑)

 

上でのスタミナはそれほどないようなので上下交代・・・

Yシャツ脱がしたいのに何だか気に入ったらしくて脱いでくれない・・・

すでにシワクチャ・・・しかも所々にシミが(泣)

されば早く終わらせようとS常位でインサートする・・・

こ、これは!・・・

久しぶりに挿入角がピッタリとフィットするマムコに出会えた!

 

嬉さと気持ち良さで挿入と同時にハイピッチでスライディング・・・

こちらも1ケ月の禁欲を強いられていたこともあって予定より早く大量に放射!

・・・奥の奥まで・・・ほ、放射が止まらない・・・

ふくろにありったけのものを完全放射・・・

荒い呼吸もおさまり、顔を見合わせて軽くキスしながら

「ありがとう」

と言うと、とても嬉しそうな表情を浮かべてキスを返してくれました(^^)

「シャワーイキマショウカ?」

「うん」

ゆっくりと抜き始め、その逆流の瞬間を見届けようと身体を起こした瞬間・・・

あ、しまった!Yシャツ・・・

可哀想に私のワイシャツはシワだらけにさせられただけでなく、

男と女の浮世汁にまみれてしまうハメに・・・

シャワーでキレイキレイしてもらい、

ベッドに戻ると私のYシャツがありません・・・

よくよく見れば、洗面台に湯をはって汚れた部分だけがつけてある・・・

いつのまに・・・

私がベッドで休んでいるとシャワーから上がった彼女が

手際よくYシャツを洗ってハンガーにかけてくれて・・・

こういう気遣いが嬉しいですねぇ・・・(^^)

 

私も久しぶりのセクースで疲労困憊(笑)

何しろ火縄銃で連発が利かないので、

あとでマッサージしてもらうことにして休戦を申し入れ(笑)、

しばらく寝かせてもらうことに・・・

 

しばらくたったら彼女の携帯に着信・・・早口の韓国語で喋り始める・・・

よくよく見れば彼女はバスタオルで身体を巻いているものの、

ソファの上では両膝を立てて電話しているので

足の付け根・・・つまり秘貝はマル見え(笑)

それがまた身体を動かすたびに微妙に開いたり閉じたりするもんだから、

ついつい見ているだけでは面白くなくて手を伸ばし、ツンツンし始める・・・

最初は「ヤメロヨ ゴルゥア!」

ってな顔で睨まれたり手を払われたりしていたが、

クリ周辺を柔らかく触り始める頃になって、

気持ち良さそうに目を閉じて話している・・・

と、その時に、

今度は私の携帯がヴヴヴとメール着信・・・

普通ならこの時間帯(笑)は見たりしないのだが

何となく気になって身体を反転させて見てみると、

部下から緊急相談のメールが・・・

 

たいしたことではないので後でも良かったのだが、

彼女はまだ話し中だし、部下も早く連絡が欲しいに違いないと思って

電話をかけてみると少々ややこしい用件・・・

気配で彼女の電話が終わったことは気がついたが、

こちらも指示に集中していたし、

何だかバッグの中をゴソゴソしてるなぁ・・・

化粧直しだろう、という程度しか気にしませんでした・・・

それが・・・

話が一段落し、今一人の部下に別の指示を出すべく待っていたら、

いきなり亀頭がヒンヤリしたもので包まれて・・・

そう、この子の得意技であるベビーローション攻めが始まっていました(爆)

指先で「もう勃たないよ」というジェスチャーをしてみるものの、

それを止めようとせず、だんだんとティンコ全体にヌルヌルが広がって・・・

まあ気持ちのいいことったら(^^)

もちろんピクリとも反応する筈はないと思っていたら・・・

何ということでしょう!

少し大きくなりかけているではありませんか!

 

・・・おーい!早く電話に出ろぉ!(爆)

 

ハッと気がつくと、いたずらっぽい目で見ながら

カメ、カリ、サオ、フクロ、とベロベロ舐め始めてて、

それがまたローションが絡んでいるので気持ちのいいこと!

そうこうしてるうちに足を広げられ、

フクロ裏、戸渡り、アニャル、そしてそれらの周辺を、

これでもか!っていうくらい舐める、舐める、舐めまくる・・・

 

その一連の作業を眺めていたら・・・何年ぶりだろう・・・

大量に発射してまだ1時間も経ってないのに完全に勃起してる・・・

 

・・・おーい!早く電話に出ろぉ!(爆)

 

電話を切り、あとで架けなおす旨のメールを入れて電話を放り投げ(爆)、

覆いかぶさって一気にインサート!

とにかく私には挿入角がピッタリなのでクライマックスまでには

さほどの時間を要しない・・・

これが火縄銃のオレか?って言うくらい早くイキそうだったが、

彼女も絶頂が近いように見えたので、

ガマンしながらタイミングを合わせて同時に達することに成功!

 

また例によって呼吸を整え、軽くキスしながら

「ありがとう」を心をこめて言うとニッコリ・・・可愛い!(^^)

「コンナニ ナンカイモ イッタノハ ヒサシブリ デス ワタシモ アリガトゴジャマシタ」

・・・お世辞でも嬉しいではありませんか!

 

これで1週間後の裏返し決定です!